キキとリクと房総の海と

selene555.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 03日

やめられない止まらない

イエローラブのキキと福太郎 

今日も朝からこんな感じ
よっぽど じーさんが好きなもよう
仮ママは静寂を愛するので
ほとんどリビングにはいないのですが
知る限りでは
こんな事を他の人にしているのを見たことがありません

a0288364_21524731.jpg
おじさま~今朝は雨ですね
やむまで一緒にのんびりしましょうか






で、キャベツの話
なぜキャベツが耳によくないの?
キャベツをワンコごはんに使っている人多いですよね
    我が家は最近高値だから使ってないけど


あっ、その前におさらいです
外耳炎になる原因には
アレルギー、細菌や真菌、耳ダニ、ホルモンの不均衡などがあります
このホルモンの不均衡分泌で典型的な例が甲状腺ホルモンです
  *原発事故で有名になった甲状腺
   ここで作られた甲状腺ホルモンは
   全身の発育を促進し、新陳代謝を調節したり盛んにしたりします


甲状腺機能低下症を患っている犬は
外耳炎にかかる可能性が高くなるそうです
犬が年をとってから急に外耳炎になった場合
甲状腺機能低下症などの内分泌疾患の関わりを疑います




a0288364_2153358.jpg
あのーすみません・・・昨日の話なんですけど
ぼ、ぼく もうおやつはもらえなくなるのですか?






ここで
甲状腺機能低下症の人(人間ね)が口にすべきでないモノ
を見てみますと

・大豆食品
・トランス脂肪酸の含まれる油(マーガリンとショートニング)
・フッ素(歯磨き剤などに含まれる)や塩素(水道水)
   *甲状腺にあるヨードのレセプターをブロックしてしまう
・レバー
   *甲状腺のインヒビター(抑制物質)を含むので、食べないほうがベター
・アブラナ科の野菜
  (菜の花、京菜、青梗菜、ター菜、白菜、蕪、大根、ブロッコリー
   キャベツ、芽キャベツ、ケール、ホウレン草、カブ、モモ、ナシなど)
   *ゴイトロゲンと呼ばれる抗甲状腺物質が含まれている




a0288364_21525832.jpg
ぼ、ぼく ちゃんとにフセしてマテができますでしょ
うーん・・・マテはできるけど、およだがすごくないですかぁ~?!







ここでキャベツが出てきましたね
でも食べ過ぎに注意すればいいだけなのです 
適量食べるのには問題ないそうです
ただし甲状腺にトラブルをもっている人は排除すべきですね


ちなみに適量ってどのぐらい?
体重50kgの成人で200個まで大丈夫だそうです




a0288364_21525318.jpg
よ、よだれが出ないように アッチ向いて待ちます
あーでも気になる・・・  きゅぴ子さんからいただいたクッキーさん あなたは素敵です♪






・・・とココまでが人間の話です
犬と人間の解剖は似ているけど
必要栄養素などは異なるので、完全に当てはまるとは限りません


犬とキャベツの関係を調べると
キャベツの謎 としてまとめたものなどありましたが
詳細データはなく
やっぱり適量をあげる分には問題がなさそうです


ただし
キャベツをあげるのやめたら外耳炎が治ったー
との記事もありましたので
甲状腺に問題がなくても
気になる子は試してみた方がいいでしょうね


福ちゃんは
これから甲状腺検査などをする予定でいます




a0288364_21523015.jpg
ばーさんの食べているせんべいが欲しくて無我夢中なひと






追記。。。
昨日の記事で あれ??
リノール酸(オメガ6)って
血栓症や癌、アレルギーになっちゃうんじゃないの? と思われた方
そうなんです!
人の場合オメガ6の過剰摂取が問題となっています


もちろん犬だって過剰摂取は危険です
    脂溶性ビタミンなども気をつけましょう
でも犬の場合は
リノール酸(オメガ6) → αリノレン酸(オメガ3)、アラキドン酸(オメガ6)
と健康な子であれば変換可能なのだそうです
    犬ってVCも体内で作れちゃうし、スゴすぎ!!


まぁ~
過ぎたるは なお及ばざるが如し
何事もほどほどに適量をバランス良く・・・ですね




a0288364_21523517.jpg
リクがあきらめても まだかわいくおねだりしているひと




キキはうちに来た当初
人の食べ物を欲しがらなかったのにー
ご希望者さま
す、すみませんっ040.gif 全てはうちの母が悪いんですー

福太郎の里親さま募集中♪
お問い合わせは子豚たちの反乱まで
[PR]

by selene555 | 2013-02-03 00:15


<< ほ~らね♪      もぉ~かいーの >>