<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 30日

米一粒 汗一粒

わたくし事ですが、やっと仕事が決まりました!
長かったわ~
カレコレ1ヶ月も待遇交渉を続け・・・合意
というほどに納得はしていないんですけど
とりあえず妥協002.gif





a0288364_16135012.jpg
さよちゃん仕事決まって良かったね~






仕事はね
何のご縁か動物専門学校の講師
動物看護師を目指す子達に動物リハビリについて教えるらしい


らしいって…
私も今一つ良く分かっていないのよね042.gif
獣医師や先輩理学療法士の助手として実技を教える傍ら
座学は学生と一緒にお勉強です~
アメリカの大学に資格取得にも行かなければならない模様


あーこの歳になって、またまた学生になるなんて
人生終わりまでお勉強ですわね~
貧乏ヒマなしってやつかしら





a0288364_16133181.jpg
あっ、美味しいモノみっけ♪
リクちゃーん それ空だよ! ごみごみー!






日本において動物理学療法をされている方は
専任でたったの数人
人間との兼任でさえも10人程度なんですって!


うーん
これを面白くてやりがいがあると見るべきなのか
険しい山と見るべきなのか


しかもね
日本において、動物医療での国家資格者は獣医師のみ
獣医師以外が医療行為をすることは禁じられている
  たとえば採血、投薬、診断、麻酔、レントゲン撮影なども行えない


動物看護師さんって看護師と名がついているものの
法的には国家資格でも公的資格でもなく
5つ以上のさまざまな団体が独自の基準で資格を与えていたのだとか
つまりピンキリ


去年より統一試験になり
今後
国家資格に移行できるように働きかけていくそうです
やっと門戸が開かれたとおっしゃっられていました


えっ?!
そ、そうなの~!!
医療者なのに、そんなんでいいんですかっ??





a0288364_16133849.jpg
クンカクンカ♪  ゴソゴソゴソ♪






だからね
私に提示されたお給料を見てビックリ!
あんなに
「ぜひぜひ来てくださ~い♪」
とラブコールをいただいたのにコレですかっ?!


す、すみません
確かに動物に関しての知識も経験もないですけど
ワタクシ動物看護師ではございませんので
このお給料
10数年前の私の初任給より安いんですが!


というより
動物看護師さんって、こんなにお給料が少ないの?005.gif





a0288364_16134257.jpg
おーいリクちゃん 出てこーい!






動物医療の現場がこれだものね
動物愛護云々なんてまだまだ先の話しなのかもね
道のりは遠いなぁ~008.gif





a0288364_1633470.jpg
ねぇねぇ~さよちゃん♪ 
東京に引越したら美味しいモノたくさん食べられるね!






ブーーーーー
リクちゃん残念!
200万の減俸ですからね!


これからは
カリカリの一粒一粒を味わって食べて下さい!!





かわいいワンコたちが新しい家族を待っています♪
お問い合わせは子豚たちの反乱まで
[PR]

by selene555 | 2013-03-30 17:07 | Comments(10)
2013年 03月 26日

ラララララ~

先週中にアップする予定だったコチラ


a0288364_041321.jpg
キキだよ~







トライアル2週間を過ぎた頃
無理言って保護主さんに様子を見に行っていただいたのですが
どうにもこうにも腑に落ちない仮ママ



ご希望者さまからも心配の声をいただいていました

 『キキの今の状態が
  このままうちで受け入れてよいものなのかどうか
  私たちには分かりません
  キキの様子は日によっても全然違うのでなお分かりません

  スムーズな日がだいぶ増えて楽になったものの
  子供たちにはまだ急にプイッとなってしまったり
  ごはんをあげても食べなかったり
  ブルブル震えたりもするので』



そして、時にママさんは動転した様子でお電話下さいました

 『自分の無力さに落ち込みました
  段々気持ちが後ろ向きになってしまって…
  他にも希望者さんがたくさんいたのに、うちなんか来ちゃって…
  キキの顔を見れば見るほど涙が止まらなくって』



というわけで
保護主さんと一緒に逢いに行ってきました
  桂子さーんお忙しいところスミマセンでした!


ちょうど我々がお家に到着すると
ママさんも3時間ほどのお留守から帰ってきた所でした


一緒に玄関に入ると
クークーピーピー泣きながらバリケンの中でジタバタしていたキキ
仮ママがバリケンの扉を開けると
勢いよく飛び出してきて頭突き!


おいおい…
久しぶりに逢った挨拶がコレですか?!


その後は大騒ぎ
ママさんにジャンプ、仮ママにもジャンプ
自分の毛布やらおやつやらをひっぱりまわしてウロウロ


a0288364_041997.jpg
あはは…やっぱり急にお姉さんになんかならんよね
ヨカッター♪ わちゃ娘のままで♪ 







ひとまず元気そうなキキに一安心


そしてそして数日前よりママさんから聞いてはいたのですが
キキ!
ちょっと子豚になっていましたよ~(笑)
ママさんの美味しいご飯をモリモリ食べて2kg太ったそうです
ただいまダイエット中~


毛色もますます濃くなって♪
しっぽも太くなって♪
レスキュー当時のキキしかご存じない方は
別犬過ぎて気づかれないと思います


a0288364_042263.jpg
仮ママと一緒でウエストがなくなっていました~(爆)







お茶を飲みながら3人でおしゃべりをし
途中、ヒヨリちゃんが帰宅して合流


その間のキキ
ママさんに抱きついたかと思えば
仮ママに挨拶に来たり、保護主さんの顔を舐めてみたり
ヒヨリちゃんにクッキーをねだってみたり
寝不足だったらしく足元で寝てみたり


我が家では高い所に寝るのが好きだったキキだけど
今はまったくソファーにはのぼらず
机やベッドの下で寝るのが好きなんですって
それにしても
やっぱり落ち着きはないよね037.gif


そして夕方遅く、リキくんが帰宅すると
唸って吠えてバリケンに逃げ込んだキキ


a0288364_042631.jpg
ママさんに怒られていました~







でもね
トライアル当初あったように震えて怯える様子ではなく
初期の頃
我が家の男性陣にもしたような反応
これなら大丈夫! 時間の問題!


あとはね
長時間のお留守番がネックなのでした


キキは人が大好きで甘えん坊の寂しがり屋
だから
できるだけ人がそばにいてあげられる環境がいいと
仮ママ家族も
そしてママさんもそうおっしゃって下さいました


実のところ
トライアル開始後もキキを希望して下さる方が!
お留守番もなく、ラブ飼育経験者の方たちでした
だからね、仮ママはとーっても悩みました
キキにとっての最善を選択してあげたいと025.gif





a0288364_043173.jpg
誰にでも、どこででもヘソ天を披露しちゃうキキ






まぁ~結果から言うとね
キキはララになったんですけどね♪





a0288364_064736.jpg
後半、ネムネム過ぎて動けなくなってきたキキ







 『ララって名前は
  彼女の前も今も全てがキラキラに光り、幸せな女の子になれるように
  そして漢字「楽々」からのイメージもありました
  「楽しいー!楽しいー!」と体全部で表現する
  彼女の無邪気さからピッタリだね…と』



そして
キキという名前はね
ずっと応援して下さったぽぷりさんが名付けてくれたものでした
初期に一時お預かりして下さった夢ちゃん&プロットくんママさんが
いくつかの候補を出してくれて、その中から選ばれたそうです

 『女の子らしくシオラシイお名前もあったのだけどね
  とっても元気で明るく可愛い子だったのでキキを選んだのよ♪』



ふふふ
名前が違ってもみんなが込めてくれた想いは同じなんだね





a0288364_06513.jpg
ずいぶん偉そうじゃないですか?! その貫禄!  







 『子供たちは
  なかなか思い通りにいかないララとの関係を日々作り上げています
  弱音をはきながらも
  ララに家族と思ってもらえるように一生懸命頑張っているところです

  近頃
  ララの中で最下位だったヒヨリは急上昇し
  リキがターゲットになっています(笑)
  リキは優しすぎたので、だんだんナメられてきているようです』



あんまり話題にあがらなかったパパさんとの関係
実はママさんよりパパさんの言うことの方がよく聞くんですって!
よくよく観察すると
パパさんのいる日といない日とでは行いが違うんだとか003.gif


ララはちょっぴり神経質で甘えん坊だからね
もしかしたら
強いパパさんといると安心するのかもしれないね


a0288364_07073.jpg
あらら…どっちがお母さんかしら?
ヒヨリちゃん? それともララ?







キキは我が家に来る前
保護主さんの手を思いっきり噛んだそうです
半年たった今もはっきりとした傷跡が残っていました008.gif
お預かりの私も衝撃の事実!
でも
そんなキキはとっくの昔の話



 『食事とオヤツの量を減らし
  お散歩時間を増やしました
  見た目がスッキリしたような気がするので、ダイエット成功かな』



ママさん
涙を流すほどにたくさん悩んでくれて
ララにとっての最善を真剣に考えてくれて
本当にどうもありがとう♪

先日はお泊りできなくて残念でしたー
次回は、お泊りセット持って伺うのでよろしくでっす!


応援して下さったみなさま
本当に本当にありがとうございました040.gif


a0288364_072669.jpg
ラララララ~






あっ、そうそう060.gif
トライアル中の福ちゃんのご希望者様からも
とーっても丁重なご連絡を戴いていますよ


ママさんが福ちゃんに一目ぼれをされて
パパさんを説得して下さったようです
可愛いくってしょうがない様子が切々とつづられていました~
うれしいね♪ ありがたいね♪


みーんなみんな幸せになぁ~れ072.gif




かわいいワンコたちが新しい家族を待っています♪
お問い合わせは子豚たちの反乱まで
[PR]

by selene555 | 2013-03-26 00:29 | Comments(4)
2013年 03月 19日

守りたいもの


暑かったり、寒かったり、嵐になったり…
春らしい!というべきお天気なのでしょうかね


a0288364_031179.jpg
今日は夏日だね 暑いね






先週末の2日間
都内にてセミナーに参加してきました
テーマは『呼吸器』
肺と気管支に関しての講座


呼吸って
とても特別で大事なものなんですよね
呼吸一つで
栄養状態も精神状態も
そして人生も変わってしまうのですから!


水と空気と安全はタダ
たいていの日本人はそんな風に暮らしてきたと思います
今までは!





最近、大気汚染が話題になっていますよね
呼吸器系が弱く健康オタクの私
日々チェックが欠かせないのがコチラ
そらまめくん


私は花粉症ではないのですが
外出時は四季を問わず
使い捨てサージカルマスクを使用しています


ここ最近は
hepaフィルター付きのマスクも時折使用
コレ+サングラス+帽子姿の私
かな~り怪しい人ですけどね003.gif





a0288364_0305130.jpg
ねぇ~さよちゃん! サーフィンしている人がたくさんいるね♪






ところで
16日(土曜)に都内にいらした方
小さな針で刺されるような喉の不快感を覚えませんでしたか?
   元々都内在住の方は知覚域値が高いので気づきにくいかも


私はどうにも喉がイガイガした違和感を覚えました
すると
そこに居合わせた方々も同じ訴えを!
そして
その感じが福島ボランティアに行った時と同じ
痛みや独特の違和感だというのです


調べると
3/13-14に福島県でかなりの放射性セシウム降下があり
それが北風にのり3/16に東京を通過したと推定されると!



とっても怖くなりました
だって
微小粒子は、肺の奥にまで入っていけるのですよ
そして
異物が繊毛のない肺胞まで入ってしまうと
繊毛による排出はできなくなってしまうのです008.gif





a0288364_031797.jpg
うわ~ 夏だぁ~!! 






知っていますか?
都内の道端で土壌サンプルを取って検査したところ
放射能の汚染数値は
米国では核廃棄処理物質と見なされているレベルだということを

ガンダーセン氏の東京の土壌サンプリング検査結果







太平洋放射能汚染10年間予想図







房総の土壌も空気も海も汚染されています
私は
庭のハーブや花でフラワーエッセンスを作っていたのですが
それももう叶わなくなりました







a0288364_0314100.jpg
キラキラな海はきれいだね♪






福島からの避難者の声
「国が私達を騙すなら私はもっと勉強して騙されない努力をします」

何故、福島県を徹底的に測定し
100年以上住めない場所に廃棄物を置くと決めなかったのか。
汚染の事実と住み続けるリスクを示し
十分に補償した上で選ばせれば
(福島に)戻れないと理解し
汚染を拡散しない命を優先した復興となるのに






a0288364_0311171.jpg
明日も気持ちいい1日だといいなぁ♪







いつだって被害者は弱者
子供や動物たち


今、ひとりひとりの生き方
それそのものが問われているように思う




かわいいワンコたちが新しい家族を待っています♪
お問い合わせは子豚たちの反乱まで
[PR]

by selene555 | 2013-03-19 23:58 | Comments(12)
2013年 03月 15日

合掌


逢いに行っちゃいました!
キキに!!
保護主さん、ママさん、ヒヨリちゃん&リキくん
お忙しいところありがとうございました


a0288364_2063333.jpg
キキとの初ツーショット写真でっす! イェーイ!
あら…大口開けて笑ってるの私だけやん
ネムネムのキキでした (笑)






で、詳細なのですが
また週明けに♪


いえ
勿体ぶっているわけじゃないんですよ
日々雑多なため
時間がある時に改めてご報告いたしますね006.gif





****************************


本日はお知らせが2本


探しています!

甲斐犬ミックスのさつきちゃんを探しています
どうぞ見かけた方はご協力下さい!
  チラシをスキャンしたものなので写真が見づらくてスミマセン





子犬だった時のさっちゃん

a0288364_206749.jpg
a0288364_206187.jpg






犬種: 甲斐犬ミックス (黒とグレーのまだら柄、胸に白毛)
性別: メス 避妊手術済み
年齢: 2012年3月生まれ (現在1歳)
体格: 15kgくらい   柴犬よりずっと大きい
性格: 人見知りするが、慣れたらとても甘えん坊
    自分から知らない人には近づかない
    穏やかな性格で噛んだりしない  
経緯: 2012年11月1日に千葉県袖ヶ浦市谷中の牛舎より失踪
    赤い首輪を装着
     
連絡先: 鶴田(つるた)さん   090-61127179





左側の大きい方がさつきちゃんです
a0288364_2062790.jpg
a0288364_2062247.jpg
a0288364_2061635.jpg






もし
さつきちゃんを見かけましたら、どうぞご連絡をお願いいたします!
謝礼もして下さるそうです




このチラシは母が頂いてきたのですが
甲斐犬は猟犬としての才能があるそうです
※さつきちゃんに猟犬訓練は入っていません
 ペットとして、とても可愛がっている子です


猟期近くになると
販売目的で猟犬の盗難事件が増えるそうです
盗まれた犬は猟期が終れば・・・
もちろん余程優秀な子以外は捨てられます


人の大切なわが子を盗んで金もうけして
挙句に捨てて処分
おい!
どうなってるんだ! 人間!!





a0288364_207883.jpg
リクには何の才能もなくてヨカッタね♪
その腑抜け顔ったら…(爆)






お知らせその2


キキに逢い、その日はホテル泊
翌日就職面接を済ませ帰宅しました


すると
ずっと心配していたMちゃんの姿は
もう犬舎にはありませんでした


今朝
再びリクと一緒に見に行くと
もう犬小屋自体がすでになくなっていました


お空に還ったんだね


みんなの祈りが届いたのかな
もう痛くないね
つらくないね
ひとりぼっちじゃないね


今頃
オッターテイルをブンブン振り回しているかな


一緒に涙を流してくれたみなさん
一緒に怒りをぶちまけてくれたみなさん
ありがとうございました






a0288364_2065019.jpg
合掌




今度は
絶対に幸せになるんだよ072.gif






かわいいワンコたちが新しい家族を待っています♪
お問い合わせは子豚たちの反乱まで
[PR]

by selene555 | 2013-03-15 20:45 | Comments(9)
2013年 03月 09日

Nature or Nurture


今日のニュース
新型出生前診断が実施されるようですね
間違った優生思想に導かれなければいいのですが…



で、突然ですが
双子の方いらっしゃいますか?





a0288364_16302229.jpg
まるで初夏のような陽気
リクちんゴキゲンだね






私は3人きょうだいの一番上


先日ある方が
『うちの長女ったら○○で××なのよ~!』
とメール下さって
思わず爆笑してしまいました003.gif


だって
私自身のことを言われたみたいだったから





a0288364_16301633.jpg
ぼくは、10犬きょうだいなんだよ






Nature or Nurture ~氏か育ちか~


心理学では
一卵性と二卵性の双子ちゃん達をたくさん集めて
空間・言語能力などのIQや
パーソナリティを研究している人達がいます


「遺伝と環境は、人間にどう影響しているのか」
そんなことを双生児法という比較研究で調べているんですね


そしてなんと驚き
『知能指数は80%遺伝する』
そういったデーターがあるんですよ!


それじゃー
私がどんなに努力したって
所詮凡人の域は超えないわよね
あの親だし037.gif




a0288364_16305251.jpg
遺伝と環境の影響の割合





でも悲観することなかれ
『育ってきた環境は遺伝子の2倍の影響を与える』
と批判する研究者もいるんです


また
この知能指数検査というもの自体に議論の余地あり


それにね
同じ家庭で育つ双子でも
完全に同じ環境に置かれているわけではないのですから
  たとえば
  お乳をあげる順番、乳母車に乗せる位置、兄弟姉妹の役割づけ…etc





a0288364_19403590.jpg
この方のDNAには、牛が入っているらしい?! 






現在の教育って
まず先に望ましい人間像があり
そのために教育するという発想に基づいていますよね


でも
どんな遺伝子型(素質)を持っていたとしても
一人一人が自分のやりたいことをやって
それがまた社会全体みんなに繋がるような
そんな世界であってほしいよね


どんな人でも社会に適応していける環境をつくること


世の中に
落ちこぼれなんていないのに…
ハンディキャップは
持っているものではなくて、持たされているもの


所変われば
顔つきさえも変わる049.gif


人もワンコもね!








きゅぴ子さんちのロク君
パピー期のブラックデビル~053.gif

a0288364_16295427.jpg
か、かわえー 泣きそうになるぐらいかわえー
神様はなんでこんなにもcuteな生物を創造してしまったのかしら~






やっぱり一度は迎えてみたい
パピパピパピー
その時はリクじーちゃん!
環境作りに一役かってちょうだいね058.gif




a0288364_16304020.jpg
海も空もきれいだね~ 気持ちいいねリク♪




先のご長女さん
もしかしたら
私と同じような環境で育ったのかもしれないね


それとも
長女の宿命なのかしらん??


遺伝子と環境のはざまで






かわいいワンコたちが新しい家族を待っています♪
お問い合わせは子豚たちの反乱まで
[PR]

by selene555 | 2013-03-09 23:44 | Comments(6)
2013年 03月 05日

忘るべからず

時折、陽が届くものの
どんより薄雲が広がった4日朝のお散歩
この方もどんよーり
おーいリクちゃ~ん
どこか調子でも悪いんかい??


a0288364_16295513.jpg
あら、全然目を合わせてくれないわ (泣) 






会社派遣で被災地ボランティアに行った友人の話し

世の中には
「一般常識」が通用しない「ボランティア団体」が結構存在する

自分たちの考えは絶対正しい!と譲らない
結局、ボランティア活動全体の評判に悪影響を及ぼす
もう少し大人になって!



確かにね ありがちよね
動物愛護、環境保護、社会福祉、医療・・・ etc


自分がやっていることは正義だ!
と、本気で思っている人間というのは本当に厄介
自分の都合の悪い部分から目を背けてしまいがちだから





a0288364_163062.jpg
なぜゆえ、そんなに悲しげな顔しとるん?? 






また仕事の話し
以前の職場にも、その前の職場にも
なぜかいつもクレイムを頂戴してきてしまうスタッフがいた
でも
なぜかいつも彼らは患者さんがいかに我儘かを訴えた
そして
なぜかいつもクレイム処理班の一人に回されるわたし
   理由1:見た目が優しそうだから (はい、見た目だけでっす)
   理由2:口先でうまく丸めこむのが得意だから (ぷぷ…ブログ文章見れば分かるかも)



でね
実際に患者さんのお話を聞いてみると
なんてことはない
セラピスト側がきちんと患者さんの事を見ていないだけなんです
言葉の訴えを聞かない
体の声を聞かない


細部が見えなければ
思い切った判断も下しやすい
見落としが多い人ほど、自信満々に即断してしまう





a0288364_1630135.jpg
タイトル: かぐわしく咲き乱れる桃の前でうなだれる黒犬 








医療や福祉など
困っている立場の人々に常に接していると
まるで
自分が偉くなってしまったような気になりがち
自分が常に正しい選択をしている気になっちゃうの


クレイマー王のあるスタッフが言いました
『5年ものキャリアがあって沢山の経験をしてきたのに…
『なんで自分ばかりクレイマーに当たっちゃうんだろう…


ちーん・・・
改善の余地ないですな
私なんて10年以上ものキャリアがあってしても
いまだドキドキ、アセアセ、わっかんないしー!!
後輩にも聞きまくりですのに~
お恥ずかしいわ…


クレイマー王のこのスタッフ
とーっても真面目な子なのです
患者さんのことを真摯に思っている子なのです
でもね
どこかおかしい025.gif


初心にもどって再び考えましょうか~





a0288364_16303134.jpg
ほらぁ♪ リクの好きな所に行っていいよ♪
うわーん… 眉間にしわ寄ってないかい?? 






無責任な善意は却って不幸な命を増やしてしまう


悪徳動物保護団体が多く存在するのをご存知でしょうか
ネットで調べれば
いくつかヒットしてくると思います
まとまったサイトの一つ ⇒ 動物愛護団体と詐欺


「犬ボランティアは儲かる」
そういう理念の元に
ボランティア活動をしている人間がいるのも事実なのです


そしてその事実を知らずに
彼らの活動を支援してしまったら…
被害者である私たちも
知らぬ間に加害者となる可能性があるわけなのです





a0288364_16301676.jpg
えっ?! 何かワタクシ悪いことでもしましたか??
そんな恐い顔でみないでぇ~ 






また
活動当初は志も高く
大きな目標を掲げたものの
達成するための知識も経験も資金も時間もない人
結局は
自己犠牲と自己満足との区別がつかなくなり
被害を大きくするだけというボランティアも多いのが事実なのだとか


コレって何となく分かるのですよね
自分に自信がないと特に


『弱い立場』のものを救うと
まるで自己価値が上がったように感じてきてしまうのです
自分の弱い心を埋めるために
自分より弱いものを利用しちゃーダメよ


こんなに大変なの
ねっ、私の真似なんて出来ないでしょ?
できっこないわよね!
だって
私はこーんなに頑張っているんですもの
わたし! わたし! 私ってエライのよ
みてみてみて 私を見て~
犬じゃなく私!
私なんだってばーっ!






a0288364_16302148.jpg
ねぇ~リクちゃん
リクちゃんの周り灰色になってきているわよー 






ここのサイトでも言及していますが
”一番問題なのは
ボランティア活動に参加している人たちは悪意を持っていない
むしろ
純粋に動物たちのために保護活動を行っているということ”


初心忘るべからず


私は、自分のフィルターを確認するために
ときどき心理療法を受けるのですが
。。。最近ヒモジクて受けていないけど


仕事を始めるにあたって
もう一度
己の心に問いたださなければいけないわねぇ


っていうか!
仕事まだ決まってないわ~
ど、どうすんだ! お、おい!





元気のないリクのために
夕方のお散歩はちょっと車で遠征
・・・といっても15分くらいだけど


フリーにした途端
スタコラさっさ



a0288364_16303529.jpg
お~い コラー まてぇーー!!






だまされた!
暗い顔をすれば
車でお散歩に連れて行ってもらえると学習したなっ!





かわいいワンコたちが新しい家族を待っています♪
お問い合わせは子豚たちの反乱まで
[PR]

by selene555 | 2013-03-05 17:05 | Comments(6)
2013年 03月 01日

風に吹かれながら

薄曇りだけど
南西風が強く吹いた本日
グーンと気温が上がり、朝8時の時点で15℃!


a0288364_20482155.jpg
この子も急な温度変化に焦って、咲いてしまったのかしら?? 







私のこと
仕事は元々理学療法士(PT) ・・・い、いちおうね

でもね
30の時に編入し
2つ目の大学では心理学を勉強しました
そして35の時に
さらにイギリスの大学院に心を探しに行ってしまった
そんな人


あっ、ちなみに
英語ペラペラなのね     → たどたどしいでっす!
じゃー人の心読めるのね   → 読めたらこんなに人生苦労してませ~ん
親御さんの経済支援も大変ね → コツコツ貯めた全財産つぎ込んでまっす! 


そうそう。。。心の話
いや、もっと端的に『幸せ』について
全然端的じゃないやろ!って  





a0288364_20483290.jpg
この方にも春が確実にやってきているらしい
毎日ブラッシングしても 死毛が飛ぶ飛ぶ~ 






私は身内の亡骸に、ご対面した事がないのだけど
  亡くなった方はいるけど、機会を失って会えなかった
患者さまの亡骸には、何度かお会いしたことがある


私の持っている死生観は
たぶん多くの方が持っているソレとは少し異なると思う
『死』には
必ずしも悲しみが伴っているとは思わないから


担当している患者さまに何度か自ら命を絶たれたことがある


何年か前にも
首を吊り、命を絶たれた方がいらした
当時65歳だったその女性は
膠原病を発症し
長期入院が原因の筋力低下があり
その機能改善のためにリハビリ処方が出されていた


でも
一見するとどこが悪いのか分からないように見えた彼女
いわゆる単なる運動不足でしかなかったのだけど
うつ病と軽度の統合失調症も併発


当初、同僚が彼女の担当をしていたが
自殺企図があるという事で
その担当が私に回ってきたというわけ
・・・私の専攻は、臨床心理学じゃないんですけどー




a0288364_20463568.jpg
病院前の救命救急ヘリポート前にて
ねぇ~リクちゃん… そんなに体が傾くほど風吹いてないでしょ?!






当時
私は在宅医療に携わっていて
バイクに乗って患者さまの家々を回っていた


その日は
花冷えのするとても冷たい雨が降りしきっていて
いつものように
一人暮らしのその方の家のチャイムを押すと
出てきたのは目を赤く腫らせた妹さんでした


たった2ヶ月、10回弱の訪問

彼女は何度か
どうやって逝こうしているのかをシミュレーションして私に見せた
そして
しきりにおっしゃっていたのは
「お母さんの胸に抱かれたいの」と


彼女は生涯独身でしたが
家も
一生遊んでも困らないほどの財産も持っていた


子供の頃
実母を病気で亡くされていましたが
継母はとても大事に可愛がってくれたそうです
腹違いの妹さんとも実の家族のように


それでも彼女は
「お母さんに逢いたいの 私はひとりぼっちなの」
そう言い続けて・・・
そしてついに遠くに行ってしまった






a0288364_20464164.jpg
うわぁーっ! さよちゃーん! 飛行機が来るよー!
えっ?! だから、ココはヘリポートだってば






大型犬の歳の取り方は
1年が、人間にとっておおよそ7年と言いますよね
ということは
たったの2カ月が1年以上もの重みがあるということ


本当にこの子たちは幸せなのだろうか??
お預かりさんをしてみて思ったこと


命を助けられたラッキーボーイ&ラッキーガール
たくさんの方々の手をかりて幸せへの道を歩んでいく


いろんな家を転々として
気を遣って
また捨てられないように捨てられないように
気を遣って


やっと慣れたと思ったら
また次の家に連れていかれて…


犬の一生は長くない
たった10年ちょっとだ


ひょっとして
我々と同じように彼らもまた
そんな風に思うことがあるのだろうか


「母の胸に抱かれたい」
そう切に願うことが…





a0288364_2046458.jpg
えへへ~ ブログ用にいろいろ演技してみたんだよ♪






桜を愛でながら
ふとそんなことを思った3月1日


きゃあー
時間経つの早すぎるよ~!!
何にもしないうちに1年が終わっちゃうじゃないかー



a0288364_20465398.jpg
にゃひゃひゃひゃ~




おーい
リクちゃんは、幸せかーい??





かわいいワンコたちが新しい家族を待っています♪
お問い合わせは子豚たちの反乱まで
[PR]

by selene555 | 2013-03-01 23:33 | Comments(6)